シリンダーヘッド交換

TOP作業場→シリンダーヘッド交換



センターヘッドにしたいらしく、部品だけ買ってきてゴニョゴニョ言っていたので作業を手伝います。
まずはラジエターからクーラントを抜きます。
ラジエターキャップより先にフロントバンクのシリンダーのドレンボルトを取り外しておきます。





フロントシリンダーの下に受け皿を用意して、ラジエターキャップを緩めればクーラントが出てきます。
液が大体抜けたらシリンダヘッドについている部品を緩めていきます。
サーモへと繋がるホースのバンドとプラグを緩めておきます。





ラジエターステーがスタッドボルトに付けられているので、これも取り外しておきます。





緩めたホースのサーモ側です。
ここもバンドで止められているので緩めてからホースを抜いてしまいます。
ホースは硬くて抜き辛いですが、潤滑剤をホースの根元からなるべく奥に入るように吹き付けて
脱脂したホースを一気に回転させれば固着が取れ易いです。





これで後はシリンダヘッドのみなので、ナットを緩めていきます。





ナットを取り外したらヘッドを取り外して、最初に緩めたバンドを取り外しておきます。
ヘッドに残ったホースを外して予備に保管しておきます。





ヘッドを外したついでに、ピストンの頭やシリンダ内の状態を見ておきます。
センターヘッドはこのままだとスタッドボルトの長さが足りない箇所がある為、
一本だけスタッドボルトを交換しておきます。だいたいセットで売ってあるので購入するとついてきます。





スタッドボルトリムーバーなんか持っていたのですが、もう無いのでダブルナットで取り外します。
ナットをお互いに締め付けると、下側についたナットを緩めようとしても上側のナットでしまっている為
スタッドボルトの方が回り取り外せます。スタッドボルトは大概固着しているので、根元に潤滑剤を吹き付けながら
メガネレンチなどをかませておいて、工具を金ハンマーで叩いて瞬間的に力をかけるようにします。
思いっきりブッ叩けば良いって訳ではないですが、ゆっくり力をかけると大体ナットをナメるので
ある程度の衝撃で瞬間的に力をかけてやると緩み易いと思います。
スタッドボルトが回りだしても、ぐりぐり回すと雌ネジの方が痛むので
潤滑剤を使いながらゆっくりと回していってください。






今回はシリンダヘッドのナットを使ったので、外れたスタッドボルトからナットを抜いておきます。
右画像がスタッドボルトの比較。ネジキリ幅の短い方がシリンダに入ります。





スタッドボルトを回し込んだら、外した時と同じようにダブルナットで締めこみます。
今度は上側のナットを締める方向に回すと、下側のナットで止まっているのでスタッドボルトが締まっていきます。
これでヘッドを取り付けれるので、焼き付き予防にシリンダ内に少し2ストオイルを塗っておきます。





新品のヘッドガスケットを取り付けます。 EXUPの白文字が書いてある方を見えるようにして、上部の凸部分がシリンダと合うように取り付けます。
スタッドボルトとヘッドの裏側にも2ストオイルを塗っておいてシリンダに取り付けます。





ナットを対角で少しづつ締めこんでいきます。
ラジエタホースはセンターヘッド専用の物を使いますが、
ホースの取り付け部分に潤滑剤または2ストオイルを塗っておきます。
滑りを良くする為ですので大体で良いと思います。

ゴミが入らないようにプラグも仮付けしておきます。





同じようにサーモ側のホース取り付け部分にも潤滑剤を塗っておきます。
真ん中の画像がセンターヘッド専用のホースです。
これに取り外したバンドを通しておきます。
センターヘッド用のホースは2種類あって、サーモスタッド有りとサーモを取り付けない大型ラジエター用があります。





ホースは硬くて入り難いので、T型レンチの柄の部分を使いグリグリ回してやると柔らかくなります。
T型レンチの柄で破れる事はまずないと思いますが心配なら潤滑剤を塗って回してやってください。
柔らかくなっているうちにサーモへとブッ挿してやります。





バンドを止めたらヘッド側も同じようにして取り付けバンドを締めます。





センターヘッドにするとコードの長さが足りずにキャップが届かないので、
リアバンクの予備を流用取り付けします。

プラグとイグニッションコイル交換&点検







イグニッションコイルの交換が終わったらプラグを本締めしてラジエターステーも取り付けます。
そしてクーラントを入れるのでフロントバンクシリンダーのドレンボルトを取り付けます。





クラーントと水を入れて一杯になったらエンジンをかけて循環させながら水を足してやります。
これでだいたいラジエター内にクーラントが行き渡るのですが、足りなければリザーブから吸い上げるので リザーブタンクにもクーラントがちゃんと入っているか確認をしておきます。
長い時間しないようにして、だいたい水が入らなくなればキャップを締めて下さい。




作業が終わったら試乗して異常がないかとプラグの状態も確認しておきます。 センタープラグに変更するとサスの突き出し量やサス自体のセッティングによっては タイヤとプラグキャップと干渉するようなので、この辺りの点検もしておきます。 僕の場合はは正立(突き出し10mm)や倒立(突き出し1mm)になっても干渉した事はないです。 キャブセッティングも必要に応じて変更したので、最後はアンダーカウルの加工です。 この辺は自分で良い様にやれって言ったのですが・・・。






プラグの出方が変るのでアンダーカウルを加工しないといけないのですが、 三男坊にさせると完全にインスピレーションだけで削ってます。 仕上がりがどうのこうのじゃなくて、干渉するなら削ってしまえの精神ですね。 それでもホースがかなり押されてしまってます。

前から書いてますが、僕と三男坊では「ここで完成」って基準がまるで違うと思うんですよ。
なので「汚ねぇ上に干渉して最悪やな」って言ったら、勢いをつけちゃったみたいです。





作業後の惨劇





戻る  トップ画面へ

inserted by FC2 system