ミッションベアリング(ケース側)の交換

TOP作業場→ミッションベアリング(ケース側)の交換



ミッション本体を抜いてからの作業になります。
ミッション取り外し
まずはカウンターシャフト側のベアリングを外します。
オイルシールを抜き取り外側から金ハンマーを当てて、その上からまた金ハンマーで叩き出します。





だいたい叩けば出てくると思うんですが、あまりにも硬い時はガストーチであぶってからやると取れ易いです。
次はメインシャフト側なんですが、ここは叩き出せないので実験で作った自作工具でやります。
自作工具製作&実験
叩き出せないベアリングを抜く
アンカーボルトの使い方
ホイールベアリングを外す






使うのはホームセンターで買ってきたアンカーボルト、長ナット、長ボルト、ウエイト(廃材)です。
最初は加工したアンカーボルトに長ナットを取り付けた状態でベアリングに取り付けます。
シフターアームが邪魔になるかと思ってずらしておいたのですが、結果的に意味は無かったです。






サイズ的にスカートが開いてない状態で丁度なので、長ナットを取り付けた状態で軽く叩いて入れます。
バイスでスカートを挟み込んで共回りをしないようにしておきます。






ナットを締めていけば、スカートが開いてベアリングに固定されます。
ディープソケットがあればかなり楽です。






確実に固定できたら長ナットを取り付けて、ウエイトを通した長ボルトを取り付けます。
そしてウエイトをガンガン引っ張って衝撃を与えればベアリングは出てきます。






少しづつ出てきて、ズボっとベアリングが取れました。






ベアリングが2つとも外れたクランクケース。
ベアリングが収まっていた所の状態をチェックしておきます。
空回りした後があれば艶があると思うので、鏡面のようになっていなければ良いと思います。
多分ダメだったらベアリングがミッション側についてくるかもしれないです。






ベアリングを叩きいれていきます。
特工はあるにはあるんですが、アタッチメントがサイズ違いなんで
アウターレースを対角に少しづつ打って入れていきます。
ベアリングは純正のKOYO製ではなく試しに買ってみたNTN製です。
直接仕入れてみた詳細は↓
九州ベアリングに行く

ゴンゴン叩きいれて音がカンっと変わったら圧入完了です。






オイルを挿しておき、カウンターシャフト側のベアリングににもオイルを挿しました。
クルクル回してオイルを馴染ませていたんですけど・・・






シールの部分からオイルがにじんでました。
この上からオイルシールが入るのでこれでも良いのかと思いましたが、漏れたらシールの意味がないんじゃないのかと。
カウンターシャフト側のベアリングも対角でアウターレースを少しづつ打ち込んでいきます。






ベアリングが2つとも入りました。
あとはオイルシールを打ち込んでいきます。






ミッションを入れてしまっているんですが、カウンターシャフトをビニールテープでマスキングして
オイルを塗って滑りをよくしてからシールを入れます。
そしてシールを落ち込んだら作業終了です。





戻る  トップ画面へ

inserted by FC2 system